ウォーターサーバー

信濃湧水の口コミ・評判からメリット・デメリットまで徹底解説|キャンペーンのお得情報も!

元ウォーターサーバー営業マンとして全国3位の実績を持つ「はんそで」が解説!

今回は"お試しキャンペーン"が特徴の信濃湧水を紹介していきます!

北アルプスの天然水がおすすめ!

上記の基本的なことはよく言われていますが、信濃湧水の魅力から他のメーカーと徹底比較している良い記事はなかなかありませんでした。

なので今回は・・・

  • 信濃湧水ってどんなメーカー?
  • どこのお水が飲めるの?
  • お得なキャンペーンがあれば利用したい

という人のために、合計10,000人のお客様とお話しした体験を踏まえながら信濃湧水を解説していきます!

すごく詳しく書いているので時間がある際にぜひ読んでください!
(気になるメーカーのブックマーク推奨)

先に結論を申し上げます☝️

  • 利用期間が1年〜で気軽に利用できる

信濃湧水とは...

関東周辺を拠点とするメーカー。

規定の利用期間が短く、ウォーターサーバーが初めての方は気軽に利用できます。

また定期的にサーバーを交換してくれるので、衛生的にも安心です。

信濃湧水の特徴

最低利用が1年で気軽に使える

信濃湧水は利用年数が最低1年から。
通常2年というメーカーが多い中で、気軽に利用できるメーカーの一つです。

その後の利用でも、2年ごとにサーバーを無料で交換してくれるサポートもあり、安心して始められます。

はんそで

初めて利用する方にとっては気軽に利用できるかもしれませんね!

サーバーの交換も定期的に行われるので、衛生面も安心です!

ヴァン

申し込みはこちら

信濃湧水の口コミ・評判

40代男性 会社員
使ってて特に気になるところはないですね。普通に使ってます。

30代女性 主婦
この機能欲しいな〜とか見つけるきっかけにはなりました。気軽に利用できてよかった。

信濃湧水のメリット・デメリット

メリット

メリット

  • 最低利用が1年で気軽に利用できる

最低利用が短く利用しやすいメリット

ウォーターサーバーを利用するかどうかまだ悩んでる人にとっては、利用期間の長さも大切な判断基準です。

やっぱり使ってみた結果、「どんな機能がいいのか」とか「どんなデザインが家やオフィスの雰囲気に合うのか」というのも見えてくるものです。

なので信濃湧水のサーバーであれば最低利用期間は1年と、他のメーカーよりは比較的短いほうなので、最初の第一歩としてはハードルは低いといえます。

利用し始めのときに思うこともあれば、1年経ってみて気づくこともあるので、この期間というのはわりと大事な部分かもしれません。

デメリット

デメリット

  • 目立った特徴があまりない

目立った特徴がないデメリット

ウォーターサーバーを選ぶにあたっての判断基準は人それぞれですが、だいたいここら辺に集約されてくると思います。

  • 〜機能がいい
  • 〜のデザインが好き
  • 価格が安い
  • サポートが充実
  • 知り合いも使っているから

何か一つでも抜きん出た特徴があると、とても魅力的に感じるのではないでしょうか。

悪いところはそこまで見当たらないけど、どの部分も平均的になってしまうと...というのがありますね。

信濃湧水のキャンペーン

新規申し込みキャンペーン!

信濃湧水を新規で申し込むと、お水のボトル11.4ℓ×2本プレゼント!
さらに抽選で、豪華賞品をプレゼント!

申し込みはこちら

信濃湧水まとめ

お水の価格
①11.4ℓ×4《¥6,480》
②11.4ℓ×2《¥3,240》
(①関東,②関東以外)
注文ノルマ 3ヶ月に2箱
(下回ると¥880/月)
サーバーレンタル料 ・無料
・¥330
送料 本州:無料
(※北海道,四国,九州:¥504/箱)
最低利用年数 1年

信濃湧水のサーバー機能紹介

信濃湧水「エコサーバー」

自動クリーニング

信濃湧水のエコサーバーにはクリーニング機能が搭載されていて、自動でサーバーをお掃除してくれます。

温水を利用して1週間に一回サーバーの中を循環させることで、いつでもサーバーのなかをクリーンな状態に保ってくれています。

(※作動中の3〜4時間ほどはサーバーを利用できません)

申し込みはこちら

ECOモード

エコ仕様に進化した信濃湧水のエコサーバー。

従来のサーバーに比べ電力を約35%カット。
さらにECOモードを使用することによって約7%カット。

合計でおよそ42%ほどの省エネを実現したエコサーバーは、毎月の電気代を抑えてくれるおうちの味方です。

申し込みはこちら

ダブルチャイルドロック

信濃湧水のエコサーバーは、安心安全のダブルチャイルドロック方式。

一段階の温水のロックに加えて、さらに操作パネルのチャイルドロックを使用することによって、よりお子さん安全性を確保することができます。

申し込みはこちら

信濃湧水「スタンダードサーバー」

災害時にも使える

信濃湧水のスタンダードサーバーは停電時にも使用することができます。
電気が通っていない時は、常温のみ使用できます。

普段は快適に使用することができ、万が一のときの対策としても十分活躍してくれるサーバーです。

申し込みはこちら

信濃湧水の天然水

信濃湧水の採水地を長野県にある爺ヶ岳の標高1,220m「矢沢水源」。

人の出入りがほとんどない土地なので、汚染リスクもほとんどなく、水質の良い天然水を採ることができます。

申し込みはこちら

信濃湧水
成分表
採水地 長野県北アルプス
カルシウム
(mg/100mℓ)
0.54
マグネシウム
(mg/100mℓ)
0.05
カリウム
(mg/100mℓ)
0.05
硬度
(mg/ℓ)
16
ph値 7

信濃湧水のサーバー機種紹介

信濃湧水
【エコサーバー】

信濃湧水 エコサーバー

サイズ(cm)
幅31
奥行33
高さ130
(※ボトル装着時)

温度
冷水:5~10℃
温水:80~85℃
エコ:70℃以上
カラー ホワイト
メンテナンス 4年に1回無料交換
サーバーレンタル料 ¥330/月
月々の目安 11.4ℓ×4《¥6,480》
(※関東,毎月注文する場合)
11.4ℓ×2《¥3,240》
(※関東以外)
配送料 北海道,四国,九州
¥504/箱
(※上記以外は基本無料)
備考 関東(栃木以外)への配送は2箱からの注文
(※毎月注文でなくてもOK)
(※1箱は2本入り)
(※月々の目安は送料を含んでいません)

申し込みはこちら

信濃湧水
【スタンダード】

信濃湧水 スタンダード

サイズ(cm)
幅27
奥行37
高さ130
(※ボトル装着時)

温度
冷水:5℃
温水:85℃
カラー ホワイト
メンテナンス 2年に1回無料交換
サーバーレンタル料 無料
月々の目安 11.4ℓ×4《¥6,480》
(※関東,毎月注文する場合)
11.4ℓ×2《¥3,240》
(※関東以外)
配送料 北海道,四国,九州
¥504/箱
(※上記以外は基本無料)
備考 関東(栃木以外)への配送は2箱からの注文
(※毎月注文でなくてもOK)
(※1箱は2本入り)
(※月々の目安は送料を含んでいません)

申し込みはこちら

信濃湧水のQ&A

お水の配送や使い方について

配送ペース

地域によって配送のスケジュールが異なります。
配送エリアごとのスケジュールをご確認ください。

直近3ヶ月の間に注文数が2箱(4本)未満だった場合は、事務手数料として¥880かかります。

配送料について

基本的には無料です。配送料がかかる地域は以下の通りです。
北海道・四国・九州:¥504/箱
(※沖縄・離島は対象外)

赤ちゃんの粉ミルクに

もちろんミルクに使っても問題ありません。

ウォーターサーバーについて

日常のメンテナンス

基本的には布などで軽く拭いたり、取り外せる部分を水洗いすることで、より衛生的に保つことができます。
またウォーターサーバーの裏側を、掃除機や雑巾などで定期的にお掃除することで、より安全かつ清潔にご利用頂けます。

申し込みはこちら

利用する期間や解約について

利用期間が1年未満での解約の場合、解約手数料として¥11,000が発生します。

【フォレスト採点】
信濃湧水
19位
/31  23点/30

採点項目 点数(5点満点)
お水
+
サーバーレンタル料

4/5
電気代の安さ 5/5
デザイン性 4/5
手軽さ 3/5
水の温度 3.5/5
コンパクトさ 4/5
総合点 23/30

【フォレスト採点】
ウォーターサーバーの森が導入している独自採点システム

はんそでの見解

はんそで

利用期間の規定が1年なのはハードルが低くて、ウォーターサーバー初心者にはいいかもしれません。

ただ、これといって目立った特徴がなく、利用していいかどうか迷う。

ウォーターサーバーを利用するにあたって、いざという時の解約金が気にかかります。

なのでサーバーを探すうえで利用期間の決まりというのは結構大事な部分かもしれませんね。

これから初めてウォーターサーバーを利用する人であれば、なおさら判断するのは難しいでしょう。

利用してみて1年後どう思ってるか、なかなか想像しづらいと思います。

初めはハードルが低いところからスタートするのが無難かもしれませんね。

ウォーターサーバーを使うにしても、やっぱり何か決め手になる部分があって、利用に至るのだと思います。

正直いうと、その決め手になるところがあまり見当たらないなという印象があります。

最近ではそれぞれのメーカーの質がとても高くなっていてウォーターサーバーの業界の水準自体が上がってきているので、その影響でこういった印象を受けているのかもしれません。

ただ、何か一つでも決め手になる部分を作ることで、メーカーとしても業界としてもどんどん進歩していくのではないかと思います。

申し込みはこちら

機能やデザインが揃ったウォーターサーバーはこちら

-ウォーターサーバー